リーダーになるための心得

・明確な目標を設定する。
最初からリーダーとしてチームを率いるのは難しいかもしれません。なぜなら、チームを率いるには多くの経験とチームメンバーの信頼が必要だからです。
自分にはリーダーとしての資質がないと感じている人は、せめて明確な目標を設定してチームメンバーが同じ目標に向かって進んでいけるようにしましょう。明確なゴールがあれば、メンバーは安心してゴールに向かうことができます。
リーダーとしては、チームメンバーが共有できる明確な目標を設定し、その目標に向かって努力する姿勢を示すことが何よりも大切です。
・人を平等に扱う。
リーダーになると、さまざまな立場の人と交流する機会が増えます。そのため、人と違う扱いをすることは控えるべきです。立場によって態度を変えるようなリーダーは信頼されません。
相手の立場に関わらず耳を傾け、理解しようとする姿勢を示すことが大切です。
・感情をコントロールする
リーダーは、自分の責任や仕事量に圧倒されがちです。時には、圧倒されてしまうこともあるでしょう。しかし、リーダーが常に感情的であれば、チームの士気を下げてしまいます。ネガティブな感情を自分自身でコントロールしようとすることが大切です。
・明るくてポジティブなチームを作る
チームの雰囲気が前向きであれば、良い結果を出すことが容易になります。リーダーの姿勢がチームの雰囲気につながることを意識して、明るく前向きなチーム作りを心がけましょう。