企業は、なぜ、クラウドコンピューティングを利用するのか

Amazon やMicrosoft 等が提供するクラウドコンピューティングが全盛である。過去、企業でITサービスを利用しようとすると、自社でコンピュータのハードウェアと、ソフトウェアを準備する必要があった。現代では、デフォルトがクラウドとなっていることも多い。このように企業が積極的にクラウドを活用する理由は、次である。
まず、クラウドの方がより素早くサービスを利用できるためである。自社で行うと、コンピュータの導入の時間や手間が必要であるが、クラウドであれば、すでに存在しているサービスを自社用にセットアップして利用するだけである。また、自社でコンピュータ等の設備を持たないため、故障への対応等設備のメンテナンスをアウトソーシングすることができる。
また、費用的にも、クラウドを活用した方が安価になることも少なくない。使った分だけ、その利用料を払うクラウドは、コンピュータを自社で購入するより、安価になることが多い。
クラウドが、ワールドワイドでサービスを提供していることも魅力である。海外のサーバで、より現地に近い所でサービスを提供すること、万が一に備えて、海外や、国内の別の地域にバックアップを持つことが容易に実現できる。
セキュリティに関する不安、クラウドに対応できる人材の確保などの課題もあるが、企業でのクラウド活用は、今後も加速していくと考えられる。