知られざる台湾ドラマの魅力!台湾ドラマにはどんなタイプがあるのか?

本日は台湾ドラマのお話です。
2001年、台湾のドラマが海外で一躍脚光を浴び、大ヒットしました。そのタイトルは『流星花園』という作品です。
また『花より男子』(原題:Meteor Garden)の大ヒットにより、台湾ドラマは海外で脚光を浴びるようになった。
それから20年余り時間が経過し、台湾のドラマは着実に進歩しているのだ。
かつて、中国電視台(華字)が制作した時代劇『宝慶天』(原題)が大ブームを巻き起こし、香港などで人気を博したが、それ以上に世界に広がることはなかった。
しかし、「流星花園」が作り出した偶像劇ドラマ(台湾版トレンディドラマ)のブームは違った。
見事に世界に対して根付き、後年も影響力を発揮し続けたのである。
台湾のドラマは大きく3つのタイプに分類される。
一つ目は、平日午後8時を中心に放送される帯ドラマ(午後8時のドラマは「八点集」と呼ばれる)
二つ目は週末午後10時から始まる、90分から120分の枠で毎週放送される偶像劇と呼ばれるドラマである。
最後がその偶像劇ドラマと映画の間に位置するテレビドラマである。これも台湾の地元では非常に人気が高いのが特徴である。
家族の愛憎劇を中心としたテレビドラマや時代劇も根強い人気があるが、海外向け(海外)の産業として根付いているのは偶像劇ドラマです。
そんな台湾ドラマですが、次のサイトではドラマの詳細について見ることが出来るのでおすすめです。
韓国ドラマや中国ドラマなども紹介されているので、是非チェックしてみてください。
おすすめの台湾ドラマ