節約して浮いたお金を投資に回せ

節約でお金は増えていく。このお金は稼いだと勝手に考えることで節約のモチベーションはアップする。
会社には1日2本ペットボトル飲料を買っている方も多くいました。
しかし、「家から水筒に飲み物を入れて持参する」という、ほんのひと手間さえ惜しまなければ、簡単に150円が浮きます。私も実際にコレやっています。
最初のこれはけっこうしんどかったです。以前までは、会社の自販機で毎日2本買っていましたから、家から水筒に入れる飲み物は、お茶か水なので、自販機で買っていたレモンティーに比べると、満足感は低いです。
しかし負けじとこの生活を繰り返していくと慣れていきました。むしろ水やお茶が美味しいと感じるほどです。
支出は何でも「年換算」するとインパクトが如実に感じられるため、「年換算」することを強くおすすめします。1日2本ペットボトルを買わないだけで、300円に365日を乗じた場合、年間で約10万円の違いが生じます。
たばこを買わず、たばこ株を買え
「たばこを吸う側」になるのか、「たばこ株を買う側」になるのかで、決定的に埋めがたい金銭的差異が生じます。
1. たばこを買う側になるのか
2. たばこ株の株主になるのか
仮に毎日セブンスターのたばこを一箱吸えば、約500円かかります。本当高いです。1日1箱吸うと仮定します。すると、1年で約18万円かかります。
その資金をたばこ株に投じるとどうでしょう。
Udemy ノーコード おすすめ