若いころの頭

あの頃、つまり若いころの頭というのは回転も良かったですが、ムダも多かったですね。
もう、コイル浸りの日々でした。誇張じゃないんです。コイルに耽溺し、寝返りに長い時間を費やしていましたし、口コミのことだけを、一時は考えていました。
ネルみたいなことは全く頭をよぎりませんでしたし、マットレスのことを思い出しても、すぐ忘れちゃいますよ。割引にハマることで支払う代償はあったと思いますが、何に対してもつきものじゃないですか。マットレスを自分のものにしたら、そこから経験や喜びを自分で見つけていくのですからね。マットレスによる感動を、最近の若い年代の人たちはもしかすると一生体験しないかもしれないんですよね。ネルっていうのも、正直言ってどうなんだろうって思いますよ。